血液サラサラになると冷え性改善に

血液サラサラになると冷え性改善に

足の裏や手の指先などが冷たくなってしまう症状のことを冷え症といいます。特定の場所だけが冷たくなってしまうことが、この冷え性に分類されることになります。

 

冷え性というと女性のほうが症状が出やすくなっているので、女性だけがなる病気だと考えている人もいるのですが、これは女性だけに限った話ではなく、男性で冷え性になる人も少なくありません。

 

女性の場合は、半数以上の人が、冷え性になってしまっているとされているのですが、これは女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンのバランスが乱れてしまい、血液の流れが悪くなってしまうことによって、指先や足などが冷えてしまうのです。

 

以前は女性でも、中高年の人が冷え性になる傾向が強かったのですが、最近は冷暖房を付けていたり、露出度の高い服を着ている若い女性も多くなっていることから、若い女性でも冷え性になる人が多くなってきています。

 

さらに脂肪分などが多く含まれている食べ物を頻繁に口にするため、血液がドロドロしてしまって、血の循環が悪くなってしまい、冷え性になってしまう人も少なくありません。

 

冷え性の改善をしたいのであれば、その冷たくなってしまっている個所を十分に温めるようにしなくてはなりません。温めることによって、血行も良くなり、手足の冷えも改善されることになります。

 

入浴をすることによって、肩や首のコリを和らげることができるのですが、これは体を温めることによって、血管が膨張をして、血液の流れが良くなっているからなのです。そのため方のコリなどの症状が緩和されるのです。

 

これはコリだけではなく、冷え性の場合も同じです。温めることによって血管が膨張をして血液もスムーズに流れることになるため、手足の冷えを改善させられるようになります。

 

ただし、これは一時的な改善であり、お風呂から上がり体温が下がってくると、血管も元の状態になってしまい、また、手足が冷たくなってしまいます。

 

体の中から温めることによって、血液をドロドロからサラサラにすることができるようになり、血液が円滑に循環をしていき、冷え性の根本的な改善をすることができるようになるのです。