鉄分が不足すると生理痛が酷くなりやすい?

鉄分が不足すると生理痛が酷くなりやすい?

鉄分が不足してしまうと、生理痛が悪化してしまうのはどうしてなのか、そしてどのようなことに気をつけるべきなのかについてお話をしていきたいと思います。

 

生理になると、腹部に痛みを感じてしまい、毎月憂鬱な気持ちになってしまいますよね。特に生理痛がひどくなってしまっているという人もいるのですが、これは鉄分不足が原因である疑いがあります。

 

鉄分が足りなくなってしまうと、血行不良になってしまって、子宮内膜症などのような問題が生じてしまい、生理痛がひどくなってしまったり、出血量が多くなってしまいやすくなります。

 

最近の女性で鉄分不足に陥っている人が多いのですが、これはダイエットで無理がたたってしまったり、栄養バランスが悪くなってしまっていることが原因になっていることが多いのだそうです。鉄分不足になると生理痛も悪化してしまいやすいのですが、鉄分不足によって不妊や生理不順などを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

仕事などをしていると、十分に鉄分が含まれている食事をすることが出来ないという人も多いのではないでしょうか?食事でしっかり鉄分を摂取することが出来ないのであれば、鉄剤や鉄分が含まれているサプリメントで補ってみてはいかがでしょうか?

 

食後にサプリメントで鉄分を摂取することによって、鉄分不足による鉄欠乏性貧血の改善も期待できるようになります。

 

鉄分をしっかり摂取することによって、血行が良くなっていき、生理痛も改善されやすくなりますので、生理痛に悩んでいる人は鉄分サプリメントを取り入れるようにしてみてください。

 

また、血行が悪くならないようにするために、体を冷やさないことも大切です。血行が悪くなってしまうと、余計に生理痛がひどくなってしまいやすいですし、冷え性になりやすくなってしまいます。

 

そのためにも、カフェインや糖分が多い食べ物や飲み物はあまり口にしないようにして、温かくて体を温めてくれる生姜湯などを飲むようにしたほうがいいでしょう。この他にも、ココアは鉄分も含まれているので特にお勧めです。